343件

シンガポールで305件の新しいコロナウイルス感染例、合計28,343件

シンガポールでの症例数が28,343に達したため、月曜日正午(5月18日)の時点で、シンガポールで予備的に確認された305の新しいCovid-19症例があります。 これらの中には、シンガポール人2人と永住者がいますが、寮に住んでいる移民労働者が残りのケースの大半を占めています。 厚生省によると、月曜日の症例数の減少は、1つの試験所が以前の装置のキャリブレーションの問題に続いてそのプロセスを見直しているため、処理されている試験の数が少なかったことが一因であると述べた。実験室は、その試験能力を高めるために時間が必要です。 同省によると、詳細は月曜日の後半に発表される。 最近、シンガポールのCovid-19の状況が回路遮断器の中で安定している可能性があるという兆候があります。 退院した患者の数は過去5日間で新しい患者を上回りましたが、シンガポール人、PR、長期パスホルダー、寮外の労働許可証保持者の過去1週間の新しい毎日の症例の平均数は、2週間前と比較して減少しています。 。 これは、シンガポール人、PR、長期パスホルダー、寮の外での労働許可証保持者の毎日の新しいケースの数が、先週の木曜日と金曜日にそれぞれ2つから土曜日に8つ、日曜日に9つに増えているにもかかわらずです。 日曜日の時点で、寮に住む323,000人の移住労働者のうち25,782人、または8%近くが、Covid-19の陽性反応を示しています。当局は労働者のテストを続けており、マンパワーのジョセフィン・テオ大臣は、彼らが仕事に戻る前に彼らを排除できるように彼ら全員を体系的にテストすることを目的としています。 寮の外の664,000人の就労許可保持者のうちの約365人、つまり0.05%、および約470万人のシンガポール人、PRと長期パス所有者の1,311人、つまり0.03%もコロナウイルスと診断されています。 木曜日の時点で、シンガポールの患者の9,331人、つまり約33%がウイルスから完全に回復し、退院しています。