5月16日、リアウ諸島のコロナ陽性患者は合計87人

5月16日、リアウ諸島のコロナ陽性患者は合計87人

リアウ諸島州でのコロナまたはコビッド-19の症例は土曜日(2020年5月16日)に増加した。この追加の症例は、バタムシティの陽性コロナ患者から来ています。 リアウ州のCovid-19タスクフォース処理チームは、さらに、Covid-19陽性患者の総数は87人であると述べました。 今日の時点で2人の患者が回復したため、5月16日の時点でリアウ諸島のCovud-19から回復したのは53人でした。死亡した患者のデータはまだ11人です。 データには監視対象患者(PDP)のステータスがありますが、461人もの人数があり、その数には前日の7人が追加されています。 461 PDPデータから、87人が監視下にあり、374人が監視を終了していることがわかります。 PDPの数はバタム329人で構成されていますが、前日と変わらず、タンジュンピナン75人、ビンタン22人、カリムン24人、アナンバス7人です。 Natuna 4人とLingga 0。 土曜日のインサイダー監視データ(ODP)は4,128人にのぼり、前の金曜日から39人が追加されました。 ODPの4,128人のうち、756人が監視され、3,372人が監視を終了しました。 症状のない人(OTG)のデータについては、257人が追加され、OTGの合計は4,457人になりました。 監視中の655のOTGで構成され、3,895人が監視されています。 Covid-19の肯定的なデータはバタム島のガラン病院で取り扱われましたが、29人で、2020年5月16日の時点で全員が治癒したと宣言されました。