504人の囚人が解放され、リアウ諸島は危険で、日本人は大丈夫ですか?

504人の囚人が解放され、リアウ諸島は危険で、日本人は大丈夫ですか?

新型コロナ同化プログラムにより、リアウ諸島の合計504人の囚人が釈放された。 Dedi Handokoのカンクンハムケプリ地域事務所刑務所長は、釈放には条件がないわけではないと語った。 「条件は刑事期間および一般的な刑事事件の半分を過ぎました。したがって、汚職のケースでは、麻薬密売、人身売買、違法伐採などはできない」と述べた。 一的な犯罪のために以前に投獄されていた養育された市民が、たとえばより多くの犯罪を犯すなどの不正行為に戻る場合、制裁は冗談ではありません。 「それでも私たちは新しい盗難法を進め、法廷で裁判にかけられるでしょう。後で、もちろん残りの文には新しい犯罪が追加されます。その後、刑務所に隔離され、私たちに戻されます。 しかし、これまでのところ、同化の結果として支援された居住者からの盗難事件は1回だけでした。 つまり、バタム島のベンコンでの盗難。 「インドネシア全体では、20(ケース)さえない」と彼は言った。 彼はまた、解放される前に、養育された住民に指示が与えられたと述べました 家にいる。 「後で抵抗力のない人は刑務所に入れられます。また、健康プロトコルにも従います」と彼は説明した。 その間、まだ刑務所にいる居住者を養育したとデディは言いました、刑務所 家族と通信できるビデオ通話機能を提供します。