8 ASEAN諸国が燃料価格を引き下げた、インドネシアはいつ?

8 ASEAN諸国が燃料価格を引き下げた、インドネシアはいつ?

国際市場での原油価格の下落に対応して、ASEANの8か国は過去2か月間に燃料油(BBM)の価格を数回値下げしました。 globalpetrolprices.comのデータを引用すると、8か国はマレーシア、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、フィリピン、タイ、ラオス、シンガポールです。インドネシアは2月以来燃料価格を下げていませんが。ブルネイダルサラームに関しては、globalpetrolprices.comはその国の燃料価格データを提示していません。 マレーシアは過去2か月間に燃料価格を6度引き下げました。 2020年4月13日の時点で、マレーシアの95オクタンレベルのガソリンの価格は、リットルあたり0.29米ドルまたはリットルあたり4,387ルピア(為替レートは米ドルあたり15,127ルピア)でした。価格は2020年1月以来39.58パーセント下落した。シンガポールも2020年3月から5月まで6回燃料価格を引き下げた。年初から5月4日まで計算すると、シンガポールのガソリン価格は12.18パーセントから1.37に下がった。リットルあたりの米ドル。同様の措置がミャンマーでも取られており、過去2か月で燃料価格が9倍に引き下げられました。 2020年5月4日の時点で、ミャンマーのガソリン価格は1リットルあたり0.36米ドルで、今年の初めから46.27パーセント減少しています。その後、カンボジアは過去2か月間にガソリンの価格を5回変更しました。 2020年5月上旬の時点で、カンボジアの燃料価格は1リットルあたり0.66米ドルと評価され、今年初めの位置と比較して34.65パーセント減少しました。 インドネシアはどうですか?まだglobalpetrolprices.comのデータを参照していますが、インドネシアが今年2月に最後に燃料価格を下げたのは1リットルあたり0.6米ドルでした。価格は2020年1月の位置と比較して10.45パーセント下がった。今年の2月から5月まで、インドネシアのガソリンの価格は下がっていない。エネルギー鉱物資源省(ESDM)のArifin Tasrif氏は、インドネシアが現時点でも燃料価格を下げないエイリアスを維持することを保証しました。アリフィン大臣は月曜日(2020年5月4日)に下院委員会VIIとの仮想聴聞会で、彼の党は依然として世界市場の原油価格の状態を監視し、ルピアの安定した為替レートを待つと述べた。