956件侵入

新型コロナウイルインドネシアの陽性事例が2,956件侵入

インドネシア政府は再びコロナウイルスの最新情報を発表しました。現在、陽性患者の数は2,956人に相当します。 データは、水曜日(2020年4月8日)のBNPBビルでの記者会見で、インドネシアのAchmad Yuriantoにおけるコロナの取り扱いについて政府の報道官によって提供されました。「さらに218件の陽性PCR検査確認がある。これまでのところ、2,956件の症例がある」とユリアント氏は述べた。これまで、DKIジャカルタは依然としてコロナウイルスの影響を最も強く受けている地域です。その後西ジャワに続きます。 したがって、DKIは現在、大規模な社会的制限のステータスを施行する許可を与えられています。 政府はまた、大規模な高速テストを徐々に実施しています。陽性の症例を見つけ、コロナウイルスによる死を抑制するため。以前、ジョコウィ大統領はまた、コミュニティが使用するマスクを準備するように彼のスタッフに依頼していました。この指示は、コロナパンデミックに関するWHOの新しいプロトコルに準拠しています。 「また、このマスクの準備が実際に準備され、一般に公開されることをお願いします」とジョコウィは月曜日(2020年6月4日)の大臣との事実上限定された会議のオープニングで言った。 「家を出なければならないすべての市民がマスクを着用しなければならないので」と彼は付け加えた。 ジョコウィは最初、マスクを着用する魅力は病気の人だけに向けられていることに気づきました。しかし、コロナ事件が世界中に広まったため、WHOはその魅力を新たにしています。