abazure

ボゴールインドネシアのアラブ人のためのハラールセックスツーリズム

警察は、「ハラルセックスツーリズム」と名付けられた売春によって、インドネシアでの人身売買の1つのモードを発見することに成功しました。この売春には、海外、特にアラブ諸国からの顧客がいます。提供されるツアーは、「ハラール」を付加した売春サービスです。モードは最初に結婚することによって実行されるため、「ハラール」と呼ばれます。 この結婚は契約結婚として知られています。顧客は一定期間内に売春と結婚します。契約が成立すると、女性は離婚します。一方、顧客はそれぞれの国に戻ります。警官准将(Pol)ファーディサンボ警察官は、この問題はYouTubeのアカウントの1つがインドネシアのハラールセックスツーリズムについて言及して以来、国際的な問題になっていると述べました。 彼によると、この犯罪の実施には2つのモードがあります。「2つのモードがあります。契約結婚、予約、または短時間です。 1〜3時間の予約の場合、価格は1人あたり50万です。それから、契約結婚については、3日が500万だった場合、7日が1000万だった場合、「刑事調査警察での記者会見(2/14/2020)でファーディは言いました。 ハラールを装った売春の問題は国際的な関心事となっています。実際、外部のメディアでもこれを取り上げています。 当初の公開17th February 2020 @ 2:17 am