COVID-19:中国はパプアニューギニアに送られた「ワクチン接種された」労働者についての質問に直面する

COVID-19:中国はパプアニューギニアに送られた「ワクチン接種された」労働者についての質問に直面する

中国は木曜日(8月20日)に、国営企業が数十人のスタッフにパプアニューギニアの鉱山で働かせる前にコロナウイルスにワクチン接種したと主張した理由を説明する要求に直面した。 中国の主要なニッケル鉱山を管理しているChina Metallurgical Group Corporation(MCC)は地方当局に、今月中国から帰国した48人のスタッフがワクチンを受けていたためウイルス陽性となる可能性があると警告した。 それに応じて、パプアニューギニア当局は北京からの「即時の説明」を求めて、木曜日に着陸する予定であった中国人労働者でいっぱいのチャーター便をブロックしました。 パンデミックは、太平洋で最も貧しい国の1つであるパプアニューギニアのいくつかの有利な鉱山での操業を混乱させました。 AMCが入手した中国語と英語の声明によると、MMCの子会社であるラムNiCoは、スタッフを配置している間にパプアニューギニア当局に、コロナウイルス検査の陽性結果は「ワクチン接種によるものではなく、通常の反応である」と語った。 。 数十億ドル規模の鉱山の48人のスタッフは、帰還前に「SARS-COV-2ワクチンの接種を受けていた」と語った。 中国は以前、国営企業の軍人と職員に対してワクチンをテストすることを示したが、これらのテストが海外に向かう労働者に対して行われたかどうかは明らかではない。 「ワクチン接種後、ワクチン接種者の体内で抗体を産生するのに約7日かかります」と声明は述べています。 「COVID-19について再度検査する必要がある場合は、ワクチン接種日から少なくとも7日後に実施することをお勧めします。」 パプアニューギニアのパンデミック皇帝デビッドマニングはAFPに答えを求めており、木曜日にポートモレスビーで約150人の中国人労働者が搭乗するフライトの到着をブロックした。 「私はこれがどのように起こったのかについて中国大使に説明を求めている」と彼は言った。…