Facebookをプレイするための夫に殺された妻

Facebookをプレイするための夫に殺された妻

ソーシャルメディアは、家庭内での争いの引き金になることがあります。これは、ヨナ(34)とリスミニ(30)の家庭で起こりました。 彼の妻がしばしばフェイスブックをしたので、ユヌスは彼を斬る決心をしました。南スラウェシ州のパレパレの港で毎日米とパンを売っているヨナ(sulsel)は、妻のFacebookアカウントを見て感情的になっているようです。 彼の感情は、彼が彼の妻のFacebookで男性のポストを見たときにピークに達しました。 「煩わしいので、私は3回マチェーテで切りました」と警察長のBarru AKBP Burhamanの前でユヌスは言った。ユヌス氏は、フェイスブックの投稿により、妻が嫉妬していたことを否定しなかった。 「フェイスブックのアカウントを確認するために携帯電話を数回開くように頼んだところ、悪化が増したが、ロスミニは常に避けて拒否した」ユヌスは言った。彼の演説はしばしば脱線する。 しかし、数回、彼は2人の子供を思い出して悲しく見えます。ヨナはまた、妻を傷つける行動を後悔しました。 「まあ、ごめんなさい。 source: tribun