MNCグループ

MNCグループ社長、政府にインドネシア国有財産の管理における外国人市民の簡素化を要請

MNCグループの所有者であり、インドネシア統一党(ペリンド)の議長であるハリー・タノエソエディビョは、アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣に、外国人がインドネシアで財産を所有しやすくするよう求めました。彼は施設が国の経済を動かすことができると確信していたので、彼は要求を伝えました。 これは、ハリがビジネスグループによって組織された経済討論フォーラムでAirlanggaに言われました。 Airlanggaは、たまたまフォーラムの基調講演者でした。 「不動産への外国投資に関連する意見を述べることができれば。このプロパティには多くのものが含まれるため、職人、家具、砂などがあり、多くの利害関係者と実際の責任(簡略化されていない場合)があります。 ハリーは、政府は現在、80年の期間と2つの延長を有する外国人に投資不動産機会の規則を適用していると説明した。 ハリの規制の下で、外国人はビザ、制限付き滞在許可証(KITAS)、または労働許可(労働許可)を持っている場合、インドネシアの不動産に投資できます。 または、外国人はインドネシアに会社を持っている必要があります。そうでない場合、彼らは投資できません。実際、ハリーによれば、外国人が所有権の証明として年に一度インドネシアに来なければならないという規定もあります。 一方、外国企業(PMA)を行うことが証明されている場合、外国企業はその国に財産を持っている可能性があります。 「本当に堅実な人は毎年出席したくないかもしれませんが。提案される可能性がある場合は、個人や企業に公開して、外国人投資家がインドネシアに投資できるようにしてください。結局、しきい値期間は最大80年に設定されています」と彼は言いました。 ハリーは、インドネシアでの財産の外国所有権の容易さは、セクターへの投資の関心を促進する可能性があると述べた。これが起こると、不動産セクターは成長します。 これは、建築材料などの財産に関連する産業部門をさらに刺激すると考えられています。 「もしそれが敏感だと感じたら、それを適用できるように特定の場所に設定できるかもしれない」と彼は言った。 残念なことに、彼は例外に値する領域が外国人のための投資ルールである例は与えませんでした。彼は、インドネシアが他の諸国、中国がそれを行ったので、インドネシアも便利をする​​必要があることだけを強調しました。 「2000年代頃の中国で、彼らは規則を開き、すぐにブーム(不動産需要の急増)を起こした」と彼は言った。 リクエストに応えて、エアランガは、政府が実際に不動産部門の政策刺激策を検討していると述べた。しかし、彼の研究は公共事業省と公共住宅省(PUPR)とまだ議論されています。…