MUIS、コロナの懸念により、900人のシンガポール人の巡礼を2021年に延期

MUIS、コロナの懸念により、900人のシンガポール人の巡礼を2021年に延期

シンガポールイスラム宗教評​​議会(MUIS)は、毎年恒例の巡礼巡礼を2021年まで延期すると発表しました。 MUISによれば、この動きは、世界中で進行中のCovid-19パンデミックを考慮して、シンガポール代表団の健康と安全を守るために行われました。 この延期により、今年ハッジを実行するために登録した900人のシンガポールの巡礼者は、2021年にハッジを実行するように自動的に再スケジュールされます。 今年ハッジを行う予定のほとんどの人は50歳以上です 毎年恒例の巡礼には、サウジアラビアの都市メッカで世界中から約250万人が集まります。 MUISによると、世界中からの巡礼者が関与するこの大規模な集まりは、Covid-19ウイルスに感染するリスクを考えると、シンガポールの巡礼者がメッカ巡礼に参加する固有のリスクをもたらします。 特に懸念されるのは、高齢の巡礼者です。 「今年ハッジを行う予定のシンガポール人の80%以上が50歳を超えています。保健省(MOH)は、Covidと契約した場合、このカテゴリーの個人は合併症と死亡のリスクが高くなると述べています19ウイルス」とMUISは言った。 MUISはまた、政府が海外旅行に対する旅行勧告を発行したことにも留意しましたが、これは引き続き効力を持ちます。 5月15日の記者会見で、Mufti Nazirudin Mohd Nasirを追加しました。 「今年は一部の人がハッジを実行できないことに悲しむかもしれないと確信していますが、彼らがこの危機を通じて、そしてサーキットブレーカーの間に示したように、私たちのコミュニティの回復力には非常に自信があります。 また、巡礼者候補者はハッジに行くのが安全になるまで待つ必要があることを理解していることを信頼してください。これは皆のためのテストなので、彼らは忍耐強くあり続けます。」…