SAVE豚肉デモ

SAVE豚肉デモがメダンの地域代表評議会の建物の前である条件

北スマトラ地域代表評議会(北スマトラ)の前で、多くの大衆が「豚を救う」デモを行いました。 北スマトラ地域代表評議会周辺の交通は、デモのために行き詰まっています。 北スマトラ国会議事堂の前の道路を埋めている大衆。 その結果、メダンのメランジャランイマームボンジョル(2020年2月10日)は閉鎖されました。 混雑はジャラン船長マウラナルビスからムルデカスクエアまでも発生しました。 イマムボンジョル道路に変わる予定だった車両は、渋滞が発生するまでラデンサレ道路に直接迂回しました。 デモ隊は「#savebabi平和的非政治行動運動」と書かれた旗を掲げた。 北スマトラでの豚の絶滅を拒否します ‘。 また、スピーチを行い、歌います。 「豚を救え、豚を救え」と雄弁家は言った。 北スマトラDPRD(北スマトラ)の前で、月曜日(2/10/2020)に何千人もの人々が注ぎました。北スマトラの至る所に現れたブタの絶滅の問題に対する彼らの声の拒否への到着。 5万人が出席したと主張されたデモは、DPRDビル周辺で交通渋滞を引き起こした。 大衆によって広げられたバナーのいくつかは、「非政治的平和運動#savebabi」を示していました。北スマトラでの豚の絶滅を拒否します ‘。また、スピーチを行い、歌います。…