UGMの学生は大統領を大統領職から解任することについての議論で死の脅威を受ける

UGMの学生は大統領を大統領職から解任することについての議論で死の脅威を受ける

ジョグジャカルタのガジャマダ大学(UGM)は、学生と教授が死の脅迫を受け、他の形態の脅迫に直面した後に大統領を職から解任するための憲法上のメカニズムについて計画されていたオンラインディスカッションをキャンセルしました。 議論を組織した学生会である憲法法学会(CLS)は、金曜日に予定されているこのイベントは、大統領の不適切な扱いとして大統領が解任する可能性についての最近の公の議論への応答であることを意図したと述べたCOVID-19アウトブレイク。 「協議の目的は、憲法の観点から大統領の解任について国民に知らせることだった」とCLSの責任者であるアディティアハリマワン氏は土曜日にジャカルタポストが得た書面による声明で述べた。 木曜日、自分自身をUGMの学者であると認めたBagas Pujilaksonoという男が、この議論を反逆行為であると非難する意見の記事を書いた後、議論のポスターが話題になりました。 CLSの声明によると、金曜日、ディスカッションの組織委員会の2人のメンバーが、テキストメッセージ、電話、アカウントのハッキングなど、さまざまな形で脅威を受け取り始めました。 イスラムの大規模組織ムハンマディヤのクラテン支部のメンバーであると主張する個人は、テキストメッセージを通じて委員会メンバーの両親に死の脅迫を送りました。 「あなたの子供に反逆罪で起訴されることを教えてください」とあるメッセージは言いました。 「あなたが子供を教えることができないなら、私はあなたの家族全員を殺します。」 「子供に教えてもらえますか?またはあなたの子供に良い人であることを教えますか?」別のメッセージを読んだ。 「お願い、ただ自分を裏返してください。私はあなたの家族全員を殺します。」 Muhammadiyah Klatenは、メッセージに何らかの形で関与していたことを否定し、そのような脅威を学問の自由の侵害として非難しました。 グループは声明で、「ムハンマディヤ・クラテンの地域の指導者たちは、警察に、なりすまし、名誉毀損、脅迫、恐怖、および主催者の脅迫に対する犯罪を徹底的に調査するよう要請する」と述べた。 学生の1人は金曜日にWhatsAppアカウントをハッキングされました。ハッカーは、約300人の参加者のグループに、ディスカッションがキャンセルされたというメッセージを送信しました。ハッカーはその後、グループのすべての参加者を追い出しました。…