UiTMがクアラピラキャンパスで黒豹の目撃情報を確認

UiTMがクアラピラキャンパスで黒豹の目撃情報を確認

universiti Teknologi Mara(UiTM)は、屋根付き駐車場に似たエリアで歩き回っている動物の写真が口コミで広まった後、クアラルピラーキャンパスで黒豹が発見されたことを確認しました。 UiTMクアラピラコーポレートコミュニケーションユニット長のムムタズアハマド氏は、事件は水曜日の午後7時頃に発生したと述べた(7月22日)。 「写真は当時まだいた大学の職員が撮ったものです。 「私たちはすぐに野生生物および国立公園局(Perhilitan)に連絡しました、そして彼らが戻った場合に備えて動物を捕獲するのを助けてくれました」と彼女は金曜日(7月24日)に連絡したとき言った。 彼女は、回復運動管理命令(MCO)のために、学生はまだキャンパスに戻っていないと言いました。 ムムタズ氏は、大学が2009年に現在の場所に引っ越して以来、キャンパス内で黒豹が発見されたのはこれが初めてだと語った。 安全対策として、ペルヒリタンの職員は定期的にキャンパスを訪問し続けると彼女は言った。 大学は、パンサー、ヒョウ、バク、ヒグマなどの野生生物が生息する鬱蒼とした森に囲まれています。