Home Indonesia Life Riau Islands Tapping box will be installed by all hotels and restaurants in Batam...

Tapping box will be installed by all hotels and restaurants in Batam City Island

All hotels, restaurants and entertainment venues in Batam City will be fitted with tapping box transaction recording devices starting in 2019. This tool is to support the transparency of tax payments by taxpayers (WP) from the three businesses. Tapping boxes will be installed in hotels and restaurants, the function is to record or capture all transactions that are then printed by the point of sales printer.

The Corruption Eradication Commission (KPK) gathered five heads of the Regional Revenue Agency in Riau Province and Riau Islands on Monday (10/22/2018) at the headquarters of Bank Riau Kepri in Pekanbaru.

The five Heads of Regional Revenue Agency present with the Head officer of Batam City Regional Tax and Retribution Management Agency (BP2RD) Raja Azmansyah, the Head officer of Tanjungpinang BP2RD Hj Riany and the Head of BP2RD officer Bintan Yuzet Regency. While the KPK officials who invited were the Region II Sumatra Coordinator of Corrupt Prevention from the KPK, Adlinsyah M Nasution. 

The meeting is intended to build joint commitment to increase hotel and restaurant tax revenues online by installing tapping boxes. For information, tapping boxes are digital transaction recording devices installed by all hotels and restaurants to support the transparency of tax payments by taxpayers and provided by the bank, in this case Bank Riau Kepri which is the government’s partner for regional financial transactions in the Riau and Kepri regions.

With this tapping box, all transactions in each hotel and restaurant, tax and retribution go directly to the regional account in real time at Bank Riau Kepri. In addition to the Bapenda Heads of Batam, Bintan and Tanjungpinang, also attended the Head of Bapenda Pekanbaru City Zulhelmi, the Head of Bapenda of Dumai City Marjoko Santoso.

Through on-line connectivity, the hotel and restaurant tax receipts can be monitored through the installation of Tapping Boxes which later funds directly in real time to each Regional Cash account in Bank Riau Kepri. Batam City targets 1500 tapping box units but 250 units have been realized and the year-end target is 500 units. For Tanjungpinang City, up to the end of 2018, the target of 200 units will be 250 units. While Bintan Regency from the 2018 final target of 200 units will be realized as many as 150 units first.

The city of Pekanbaru aims to install 1000 units of tapping boxes but by the end of 2018 400 units will be realized and 200 units of Dumai City. Adlinsyah said, Bank Riau Kepri as the pride bank of Riau and Riau Islands people had become an example or role model in terms of increasing PAD for regions throughout Indonesia.

This pattern of increased PAD by collecting hotel and restaurant tax revenues online has been applied in Batam City. This attracted the attention of the KPK who hoped that this would be developed in other regions throughout the region. Online hotel and restaurant tax receipts are carried out online, realtime and recorded and this monitor will make it easier for the government to collect local taxes and levies.

In addition, this system is also very fast because it is real time, transparent and can be accounted for very detailed. Also present at the event, KPK RI Prevention Deputy Junet Junaidi and his team and from Bank Riau Kepri. Among them, the Head of the Pekanbaru Branch Yasral Yazid, Pincab Dumai Bobby Ferdian, Pincab Batam Burhan, Tanjungpinang Headquarters Dedi Santika and Pincapem Kijang Musnardi Putra.


Source: Tribunnews

Comments

comments

Batam
Batam
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

インドネシア人はご飯を食べないと満腹にならないのはなぜですか?

スハルト大統領の政権時代に建設された社会構造のため、米は歴史的にインドネシア人の基本的な食べ物として確立されてきました。 開発はジャワ島に集中しているため、インドネシア全土の行動はジャワ島と同じであると考えられています。ほとんどのジャワの人々は米を食べるので、インドネシア全体に米が広がり、国の主食になります 現在のインドネシア人やインドネシア西部では、「ご飯を食べなければ食べない、ご飯を使わないなら満腹」という言葉があります。 しかし、インドネシアの東部では、スラウェシ州マルク州パプアのように、多くの人々が米をサゴ(サイクリスト)に置き換えています ご飯はとてもおいしくて中毒性がありました。しかし、米は東洋文化の一部のようです。 なぜ米はインドネシア人の主食ですか? インドネシアは多くの田んぼと米を栽培するための大規模な農業システムを持つ国であるため、米は他の主食よりも豊富であるため、インドネシア人は容易に入手できるため一般的に米を食べます。 ただし、米を食べないインドネシア人も多く、小麦や小麦粉を主食として食べる人もいれば、ジャガイモを食べる人もいれば、ご飯のないベジタリアンさえ食べる人もいます。 米は、他の炭水化物食品と比較して最高の炭水化物値を持っています。 したがって、人々がご飯を食べることに慣れている場合、体は炭水化物の必要量に対して最高のクォータを自動的に設定します。言い換えれば、結果は、要求されたクォータに一致するため、ボディは米のみを必要としているということです。 そのため、ご飯をよく食べない人は、まだご飯を食べていないときは満腹感を感じません。なぜなら、体はまだ満たされていない炭水化物の割り当てを請求しているからです。

インドネシア人はインスタントラーメンをご飯と一緒に食べるのが好きな理由

インドネシアの人々は食物栄養の知識​​が非常に不足していることをご存知ですか? これはインドネシアの文化の問題であり、おいしい食べ物が好きでいっぱいです。 医師によると、インスタントラーメンでご飯を食べることは良くありませんが、それを好むインドネシア人はまだたくさんいます。 なぜそうですか? その理由は、米はインドネシアのマレー民族の主食として知られているためです。 インスタントラーメンはこのようなステータスを受け取ったことはありません。 麺、特にインスタントラーメンは、プレーンな味の米とは異なる「味」があるため、サイドディッシュ(サイドディッシュ)と見なされます。 インスタントラーメンの味も強く、味付けされる傾向があります。チキンの味からレンダンやビーフジャーキーまで、最もシンプルで古いものから、インスタントラーメンの味はすべて典型的なインドネシア料理の名前です。 これは、インスタントラーメンの生産者自身が人々の行動を認識しており、インスタントラーメン製品のサイドディッシュの生産を継続することでそれを強化することを意味します。 私の意見では、これが人々がインスタントラーメンをご飯と一緒に食べる理由の1つです。 *注:スハルト時代にパプア人について読んだ記事は、パプアで入手しやすいサゴよりも文明的であると考えられていた米(米)に切り替えることを余儀なくされました。ここでは、他の食品成分を除去することにより米の価格を引き上げようとするスハルト政府の努力を見ることができます。

イグナシウス・ジョナン、インドネシアの鉄道をより良いものに変えます。

インドネシアの鉄道輸送のほとんどはジャワ島にあります。 この島には、島に沿って走る2本の主要路線といくつかの小さな道があります。 PT Kereta Api Indonesiaは、インドネシアで鉄道事業を営む国有企業です。 さらに、ジャカルタとスラバヤ周辺の地域には通勤電車もあります。 鉄道がある他のエリアはスマトラの2つの部分です。 1つはメダン周辺にあり、もう1つはスマトラ島の南部にあります。 15年前、インドネシアとパキスタンの鉄道は以前は同等の品質でしたが、なぜ今日、インドネシアの鉄道の品質はパキスタンをはるかに上回っていますか? インドネシアの鉄道概要 インドネシアで最初の鉄道が1867年に開通しました。鉄道はオランダ政府とオランダの民間企業の両方によって徐々に拡張されました。 日本の占領とインドネシア独立戦争のとき、以前はオランダ人によって貧弱な状態で建設された多くの鉄道。当時のインドネシア大統領は、1950年にスカルノ氏が100台の蒸気機関車のバッチを注文し、1953年にディーゼル化が開始されました。1980年代までに、ほとんどのメインラインサービスがディーゼル化されました。電気式の複数のユニットは、1970年代に日本から入手し、60年前の電気機関車に取って代わりました。 独立時代以来、インドネシアのすべての主要鉄道は国家によって管理されてきました。私鉄の所有者は最初に補償されましたが、システムは1971年に完全に国有化されました。 新しい鉄道線の建設は少なく、ほとんどの新しい建設は既存の鉄道線の二重および四重線追跡に集中しています。以前の路面電車のほとんどは閉鎖されており、距離は約7000 kmからわずか3000 kmに短縮されました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道 イグナシウス・ジョナン氏による大きな革命がありました。 イグナシウス・ジョナンは、何年も前にシティバンクのサラリーマンでした。 彼はシティバンクで安定した生活を楽しんでいますが、仕事の機会を利用してインドネシア鉄道公社で働いています。 インドネシアでは、このような動きは過去には通常、専門家ではなく政治家、官僚、または公務員によって行われていたため、この動きは少し奇妙に思えるかもしれません。 イグナシウス・ジョナンは、2014年に運輸大臣としての役割を果たした彼の意欲的な態度で有名です。インドネシアの鉄道は彼のリーダーシップの下で変わりました。 これは、15年前の2005年頃のインドネシアの鉄道の様子でした。「ビジネスクラス」はこのように見えました。 「エコノミークラス」とほとんど違いはありませんが、座席番号を取得できます。 セールスマンとスリは、キャビン内を自由に歩き回っていました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道の劣悪な状況は、特にジャカルタ市と混雑したジャワ島で多くのインドネシア人を導いており、バスのチケットを購入してオートバイに乗ることを選びます。 これにより、特に休日にインドネシアで多くの交通事故が発生しています。 ジャカルタで働いて生活しているインドネシア人は、オートバイを使って故郷ジョグジャカルタとスラバヤに戻ります。 オートバイ515,5 KMを使用した長い道路の旅! バイクを使って東京から大阪までほぼ等しい距離です! イグナシウス・ジョナンの時代 彼は2009年にインドネシア国有企業のソフィアンジャリル大臣からインドネシア鉄道会社(PT Kereta Api Indonesia)の社長に任命されましたが、輸送事業に携わったことはありませんでした。 彼は鉄道や輸送会社での経験がありません。 PT Kereta...

法律違反にもかかわらず、多くのインドネシア人がオートバイに3〜4人乗っています

3〜4人が高速道路でバイクに乗るという現象は、インドネシアではすでによく知られています。 オートバイに乗る3人は、法律に違反しているにもかかわらず、インドネシアの文化になっています なんで? インドネシア人の多くは貧しく、バイクはまだ1台しか残っていないからです。 バイクに乗っている3〜4人は、バイクのバランスを制御できなかったとされるため、いくつかの事故が発生しました。 通常、3〜4人がバイクに乗るのは、運転中にヘルメットを着用していない重症度の10代の若者がほとんどです。 オートバイに乗る3〜4人は法律で明らかに禁止されており、公式の規則があります。 この規則は、交通および道路輸送に関する法律No. 22/2009(LLAJ法)第106条第9項に規定されています。 この記事では、サイドトレインなしでオートバイを運転するすべての人が複数の乗客を乗せることは禁止されていると説明されています。 違反者に対する制裁に関して、第292条によると、最高1ヶ月の懲役または最高250千ルピアの罰金が科せられます。 インドネシアの人々は規則を破り、自由に考えることが好きです。

Recent Comments

Comments

comments

You cannot copy content of this page