Home Indonesia Life TripAdvisor fraudulent review as a money making faceless business platform

TripAdvisor fraudulent review as a money making faceless business platform

TripAdvisor has been the subject of controversy for allowing unsubstantiated anonymous reviews to be posted about any hotel, B&B, inn, or restaurant. In USA alone, approximately 30 hotels have been blacklisted by TripAdvisor for suspicious reviews, including a Cornwall hotel that bribed guests to leave positive reviews of the hotel. While TripAdvisor and other travel review websites can be powerful marketing tools for hotels, they can also pose threats. Operators said some disgruntled or unscrupulous guests have threatened to post negative reviews of hotels unless they receive compensation—a room upgrade, a free room or even cash.

In 2015, Tripadvisor started letting users not only rate places but tag them, saying, for example that a place offers brunch, is open on Sunday, or offers delivery, takeout, etc. TripAdvisor has stated that reviews are not posted to the website instantly, but are subject to a verification process which considers the IP address and email address of the author, and tries to detect any suspicious patterns or obscene or abusive language. The website also allows the community of users to report suspicious content, which is then assessed by a team of quality assurance specialists, and TripAdvisor alerts the owner or manager of a TripAdvisor-listed establishment whenever a review is posted on their listing.

While there is little data to indicate how widespread the problem is, TripAdvisor and many hotel operators and companies are prepared to combat this kind of blackmail.
“Hotels need to accept that a small unscrupulous segment of travelers may use their social media clout to demand unreasonable concessions,” said Daniel Edward Craig, founder of online reputation management consulting firm Reknown. “Review threats can put staff in an extremely difficult position. They don’t want to cave in to unreasonable demands, but they also don’t want to be blamed for a bad review.”

In September 2011, the UK Advertising Standards Authority (ASA) launched a formal investigation into TripAdvisor after receiving a complaint submitted by online investigations company KwikChex that its claims to provide trustworthy and honest reviews from travelers are false. The ASA found that TripAdvisor “should not claim or imply that all its reviews were from real travellers, or were honest, real or trusted”, and as a result of the investigation, TripAdvisor was ordered to remove the slogan “reviews you can trust” from its UK web site. It changed its hotel review section slogan to ‘reviews from our community.’

TripAdvisor’s Headquarters in Needham, MA

TripAdvisor stated that the branding change had been planned for some time and that changes began in June 2011, before the ASA investigation. ASA commented that “it was concerned that consumers might be fooled by fraudulent posts since the entries could be made without any form of verification,” but recognised that TripAdvisor used “advanced and highly effective fraud systems” in an attempt to identify and remove fake content.

In 2012, an action was brought in a Sheriff Court in Scotland, by a guesthouse owner who claimed damages for malicious statements. TripAdvisor asserted that the Scottish courts lacked jurisdiction. The outcome of this case was called a “landmark victory”, as the pursuer (plaintiff) secured two points of law in the UK:

  • TripAdvisor conceded that it could be sued in the UK’s jurisdictions (having previously claimed to be outside the remit of the Scottish legal system because it is based in Massachusetts);
  • TripAdvisor’s terms of use constituted a contract, which was actionable/enforceable by the business being reviewed.

The case was found to involve issues relating to the Unfair Terms in Consumer Contracts Act, 1977: these issues were referred to a higher court in Stornoway.

In 2012, TripAdvisor was fined $80,000 by the U.S. Department of Transportation for violating new fair trading regulations requiring taxes and fees to be shown for prices quoted for airfares.

In March 2014, TripAdvisor’s Chinese site came under scrutiny because KwikChex uncovered that a reviewer had reviewed 51 Parisian restaurants in one month, while also reviewing 50 Hotels in other countries.

In December 2014, the Italian Antitrust Authority fined TripAdvisor €500,000 for improper commercial practices on the TripAdvisor website. The Italian Authority stated that Tripadvisor and its Italian arm should stop publishing misleading information about the sources of the reviews. In June 2015, a fake restaurant created by a newspaper rose to the top of the site’s rankings in Italy.

An ex-hotel manager at Meriton says that guests were offered inducements to change ratings they left on the site.

Dietmar Doering, a German hotelier based in Sri Lanka accused TripAdvisor for its malicious reviews of his resort The Cosy Beach in Marawila. He claimed he was compelled to take legal action for the estimated damages of US$500,000.


 

Comments

comments

Batam
Batam
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

インドネシア人はご飯を食べないと満腹にならないのはなぜですか?

スハルト大統領の政権時代に建設された社会構造のため、米は歴史的にインドネシア人の基本的な食べ物として確立されてきました。 開発はジャワ島に集中しているため、インドネシア全土の行動はジャワ島と同じであると考えられています。ほとんどのジャワの人々は米を食べるので、インドネシア全体に米が広がり、国の主食になります 現在のインドネシア人やインドネシア西部では、「ご飯を食べなければ食べない、ご飯を使わないなら満腹」という言葉があります。 しかし、インドネシアの東部では、スラウェシ州マルク州パプアのように、多くの人々が米をサゴ(サイクリスト)に置き換えています ご飯はとてもおいしくて中毒性がありました。しかし、米は東洋文化の一部のようです。 なぜ米はインドネシア人の主食ですか? インドネシアは多くの田んぼと米を栽培するための大規模な農業システムを持つ国であるため、米は他の主食よりも豊富であるため、インドネシア人は容易に入手できるため一般的に米を食べます。 ただし、米を食べないインドネシア人も多く、小麦や小麦粉を主食として食べる人もいれば、ジャガイモを食べる人もいれば、ご飯のないベジタリアンさえ食べる人もいます。 米は、他の炭水化物食品と比較して最高の炭水化物値を持っています。 したがって、人々がご飯を食べることに慣れている場合、体は炭水化物の必要量に対して最高のクォータを自動的に設定します。言い換えれば、結果は、要求されたクォータに一致するため、ボディは米のみを必要としているということです。 そのため、ご飯をよく食べない人は、まだご飯を食べていないときは満腹感を感じません。なぜなら、体はまだ満たされていない炭水化物の割り当てを請求しているからです。

インドネシア人はインスタントラーメンをご飯と一緒に食べるのが好きな理由

インドネシアの人々は食物栄養の知識​​が非常に不足していることをご存知ですか? これはインドネシアの文化の問題であり、おいしい食べ物が好きでいっぱいです。 医師によると、インスタントラーメンでご飯を食べることは良くありませんが、それを好むインドネシア人はまだたくさんいます。 なぜそうですか? その理由は、米はインドネシアのマレー民族の主食として知られているためです。 インスタントラーメンはこのようなステータスを受け取ったことはありません。 麺、特にインスタントラーメンは、プレーンな味の米とは異なる「味」があるため、サイドディッシュ(サイドディッシュ)と見なされます。 インスタントラーメンの味も強く、味付けされる傾向があります。チキンの味からレンダンやビーフジャーキーまで、最もシンプルで古いものから、インスタントラーメンの味はすべて典型的なインドネシア料理の名前です。 これは、インスタントラーメンの生産者自身が人々の行動を認識しており、インスタントラーメン製品のサイドディッシュの生産を継続することでそれを強化することを意味します。 私の意見では、これが人々がインスタントラーメンをご飯と一緒に食べる理由の1つです。 *注:スハルト時代にパプア人について読んだ記事は、パプアで入手しやすいサゴよりも文明的であると考えられていた米(米)に切り替えることを余儀なくされました。ここでは、他の食品成分を除去することにより米の価格を引き上げようとするスハルト政府の努力を見ることができます。

イグナシウス・ジョナン、インドネシアの鉄道をより良いものに変えます。

インドネシアの鉄道輸送のほとんどはジャワ島にあります。 この島には、島に沿って走る2本の主要路線といくつかの小さな道があります。 PT Kereta Api Indonesiaは、インドネシアで鉄道事業を営む国有企業です。 さらに、ジャカルタとスラバヤ周辺の地域には通勤電車もあります。 鉄道がある他のエリアはスマトラの2つの部分です。 1つはメダン周辺にあり、もう1つはスマトラ島の南部にあります。 15年前、インドネシアとパキスタンの鉄道は以前は同等の品質でしたが、なぜ今日、インドネシアの鉄道の品質はパキスタンをはるかに上回っていますか? インドネシアの鉄道概要 インドネシアで最初の鉄道が1867年に開通しました。鉄道はオランダ政府とオランダの民間企業の両方によって徐々に拡張されました。 日本の占領とインドネシア独立戦争のとき、以前はオランダ人によって貧弱な状態で建設された多くの鉄道。当時のインドネシア大統領は、1950年にスカルノ氏が100台の蒸気機関車のバッチを注文し、1953年にディーゼル化が開始されました。1980年代までに、ほとんどのメインラインサービスがディーゼル化されました。電気式の複数のユニットは、1970年代に日本から入手し、60年前の電気機関車に取って代わりました。 独立時代以来、インドネシアのすべての主要鉄道は国家によって管理されてきました。私鉄の所有者は最初に補償されましたが、システムは1971年に完全に国有化されました。 新しい鉄道線の建設は少なく、ほとんどの新しい建設は既存の鉄道線の二重および四重線追跡に集中しています。以前の路面電車のほとんどは閉鎖されており、距離は約7000 kmからわずか3000 kmに短縮されました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道 イグナシウス・ジョナン氏による大きな革命がありました。 イグナシウス・ジョナンは、何年も前にシティバンクのサラリーマンでした。 彼はシティバンクで安定した生活を楽しんでいますが、仕事の機会を利用してインドネシア鉄道公社で働いています。 インドネシアでは、このような動きは過去には通常、専門家ではなく政治家、官僚、または公務員によって行われていたため、この動きは少し奇妙に思えるかもしれません。 イグナシウス・ジョナンは、2014年に運輸大臣としての役割を果たした彼の意欲的な態度で有名です。インドネシアの鉄道は彼のリーダーシップの下で変わりました。 これは、15年前の2005年頃のインドネシアの鉄道の様子でした。「ビジネスクラス」はこのように見えました。 「エコノミークラス」とほとんど違いはありませんが、座席番号を取得できます。 セールスマンとスリは、キャビン内を自由に歩き回っていました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道の劣悪な状況は、特にジャカルタ市と混雑したジャワ島で多くのインドネシア人を導いており、バスのチケットを購入してオートバイに乗ることを選びます。 これにより、特に休日にインドネシアで多くの交通事故が発生しています。 ジャカルタで働いて生活しているインドネシア人は、オートバイを使って故郷ジョグジャカルタとスラバヤに戻ります。 オートバイ515,5 KMを使用した長い道路の旅! バイクを使って東京から大阪までほぼ等しい距離です! イグナシウス・ジョナンの時代 彼は2009年にインドネシア国有企業のソフィアンジャリル大臣からインドネシア鉄道会社(PT Kereta Api Indonesia)の社長に任命されましたが、輸送事業に携わったことはありませんでした。 彼は鉄道や輸送会社での経験がありません。 PT Kereta...

法律違反にもかかわらず、多くのインドネシア人がオートバイに3〜4人乗っています

3〜4人が高速道路でバイクに乗るという現象は、インドネシアではすでによく知られています。 オートバイに乗る3人は、法律に違反しているにもかかわらず、インドネシアの文化になっています なんで? インドネシア人の多くは貧しく、バイクはまだ1台しか残っていないからです。 バイクに乗っている3〜4人は、バイクのバランスを制御できなかったとされるため、いくつかの事故が発生しました。 通常、3〜4人がバイクに乗るのは、運転中にヘルメットを着用していない重症度の10代の若者がほとんどです。 オートバイに乗る3〜4人は法律で明らかに禁止されており、公式の規則があります。 この規則は、交通および道路輸送に関する法律No. 22/2009(LLAJ法)第106条第9項に規定されています。 この記事では、サイドトレインなしでオートバイを運転するすべての人が複数の乗客を乗せることは禁止されていると説明されています。 違反者に対する制裁に関して、第292条によると、最高1ヶ月の懲役または最高250千ルピアの罰金が科せられます。 インドネシアの人々は規則を破り、自由に考えることが好きです。

Recent Comments

Comments

comments

You cannot copy content of this page