Home インドネシア人生活 Riau Islands What is Tanjung Pinang (beautiful island with melayu culture)

What is Tanjung Pinang (beautiful island with melayu culture)

Tanjung Pinang

Tanjung Pinang

(Jawi: تنجوڠ ڤينڠ ‎, Chinese: 丹戎槟榔; pinyin: Dān róng bīnláng),is the capital and second largest city of theIndonesian province of Riau Islands after Batam. A city with roughly 200,000 residents, it is a trading port between islands in the Riau archipelago. Tanjung Pinang is located on south of Bintan island and has ferry and speedboat connections toBatam,Singapore (40 km away), and Johor Bahru.

History

Tanjung Pinang has been known for a long time. This is due to its strategic position on the island of Bintan as a center of Malay culture and trade traffic. Tanjung Pinang history is inseparable from the Johor-Riau Malay kingdom.

Name of Tanjung Pinang is taken from the position of beach nut tree that juts into the sea.Trees that are in the Cape which is a guide for voyagers who will go to Bintan River.Tanjung PinangRiver is the entrance to Bintan, where there Bentan empire based in Bukit Batu.

Tanjungpinang existence is increasingly recognized in the Kingdom of Johor, the Sultan Abdul Jalil Shah Tun Abdul Jamil Laksemana ordered to open a commercial trading port on Bintan island, precisely in the River Carang, Hulu Sungai Riau. The new trading port has become a bustling trading port known as Bandar Riau. Tanjung Pinang is known as a very important buffer zone and the entrance of Bandar Riau.

 

Expertise of the government at that time to make Bandar Riau is a major trading port and even to compete with the port of Malacca that control by the Portuguese and finally fell to the Dutch.In some history, there are some traders who want to trade in Malacca they turn directions to Riau, and even the people of Malacca buy rice and cloth in Riau. This is due to Bandar Riau is a safe area with relatively competitive prices with the dealer Malacca.

Aside from being a trading center, Bandar Riau known as Kingdom government center Johor – Riau. Several times government of Johor moved to Riau and vice versa.

During the war in 1782-1784 Riau between the Kingdom of the Netherlands. Tanjung Pinang is command by Raja Haji Fisabilillah. The battle between Riau and the Kingdom of the Netherlands culminated in January 6, 1784 with a victory for the destruction of the Dutch command ship “Malaka’s Wal Faren”. And urged the Netherlands to withdraw from the waters of Riau.

After several months of the incident, Raja Haji and Malay forces attack Malacca as bases to Straits Dutch Defense. But in the war the forces of Malacca and Riau experienced defeat as the command of Raja Haji Deceased war. Raja Haji known as National Heroes.

Under the authority of the bugis, Riau developed into an international trade center. Riau is not only exciting Bugis traders from the ground but also English, Chinese,Dutch, Arabic and Indian.

On the other hand, the development of political and military power of Riau raises the doubts Dutch who occupied Malacca at that time. In 1784, a Dutch fleet of 13 vessels by force, 1594 men, besieged and attacked the Riau (now the Tanjung Pinang). On January 6, 1784 the Dutch succeeded in forcibly back to Malacca with the help of Selangor and Melaka encircled.

Thereafter on June 1, 1874 a battle fleet of six ships with a magnitude of batavia, 326 guns and 2130 soldiers managed to break the blockade on Malacca. This battle has killed the supreme leader of the Nation Bugis Raja Haji who has managed to gather strength among the Bugis and Malays themselves in an attempt to expel the Dutch occupation of Malacca.

Tanjung Pinang also known as the residency of the Netherlands with its first resident David Ruhde. Dutch residency placement is related to the mastery of Riau region that had suffered defeat at the Battle of Malacca. To then build Tanjung Pinang as Dutch military base.

The decline of royal Malay increasingly apparent since the1828 Treaty of London which is about power-sharing agreement in the waters of the Strait of Malacca, where the Riau-Lingga under Dutch rule, Johor, Pahang and parts of the peninsula if the British ruled. Through these events precisely what separates the integrity of the kingdom of Riau-Johor-Pahang-Linga, and then the Kingdom is known as the Riau-Linga. And Singapore, which was then under the kingdom of Riau exchanged the Bengkulu change which was then under the British empire.

Since the Dutch controlled the Riau Empire and its interference in the Kingdom, making Riau empire in decline, until the peak occurs at the time of dismissal Sultan Riau by the Dutch in 1912.Sultan at that time did not want to sign the dismissal letter and would prefer to move to Singapore. And since that time-Riau Sultanate ended with the abolition of the Linga-Linga from the map Riau Residency Netherlands. And the existence of Tanjung Pinang remains central Dutch residency.

The presence of Japan and the Netherlands had replaced Tanjung Pinang at that time made the Japanese Government Center in the Riau Islands. And then back again held by the Dutch.

Indonesia’s independence in 1945 put an end to the occupation of the Netherlands on the Riau Islands. In 1950, the Dutch surrender To the Government of the Riau Islands of Indonesia.

Tanjung Pinang also became the capital of Riau Islands by Act No. 58 1948.Tahun 1957 by Law. 19 of 1957 established Tanjung Pinang Riau province with its capital, but in 1960 the capital was moved to Pekanbaru.

Having long been the capital of Riau Islands, then the Government Regulation No. 31 of 1983 dated October 18, 1983 set as the City AdministrativeTanjungpinang.

And then based on Law No. 5 year 2001 Tanjung Pinang defined as the Autonomous City. And now Tanjungpinang became the capital of Riau Islands Province.

Comments

comments

Batam
Batam
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Product developer – Bodynits International Pte Ltd – Batam

Admin Batam-City.com dengan penuh niat baik telah mengorbankan waktunya untuk mengumpulkan informasi mengenai lowongan kerja ini, tidak ada maksud lain dan tidak ada pungutan...

メッカ巡礼のために25年を節約して、このテンペトレーダーは苦い現実を受け取ります

2020年はスワードリ(63)とジエムの妻(64)にとって幸せな年になるはずです。彼が四半世紀前から巡礼を行うことであるイスラムの五柱を完成させることができるように彼が待っていた時だったので。 しかし、宗教大臣のFachrul Raziの発表がCovid-19のパンデミックのために巡礼者の出発のキャンセルを今年宣言したので、夢は衰えました。 水曜日(2020年3月6日)、スラーゲンリージェンシー、ゲモロング地区のペレマンビレッジRT21、バカランビレッジの自宅で出会ったとき、スワーディは政府の情報を聞くことに失望していました。 「政府からの情報を聞いた後、covid-19がようやく延期されたため、私が今年去ることができるはずだった巡礼。はい!がっかりしたが、それ以外は何と言っても、これは政府の政策だ」と述べた。 スワーディ氏によると、巡礼を行う彼の意図は、25年前から、ゲモロングマーケットでテンペを販売した結果、そして最愛の妻と農業をしていた結果からルピアのためにルピアを集めることから始まりました。 実際、メッカ巡礼巡礼を行うために、彼らは2011年に民間銀行の1つでメッカ巡礼資金調達プログラムに参加しました。 「私と私の妻は25年間、ゲモロングマーケットと農場でテンペを販売しています。私はそれを少しずつ売ることの利益を別にしました。最終的に私がメッカ巡礼の救済基金に参加するために民間銀行でプログラムに参加したのは、それほどではないからだ」と述べた。 しかし、高貴な意図は想像されたほどではありませんでした。夢を実現するために様々な障害にも直面しました。 「巡礼をするつもりだった後、多くの障害を感じました。倒産するビジネスから始まり、それがほとんど機能しなくなるまで」と彼は付け加えた。  苦い経験は今や再び感じられますが、ビジネス分野ではありません。スモディは現在、ゲモロング地区に110人の人々がいる聖地に行くことができるように辛抱する必要があります。 当初は非常に希望が持てますが、今年は巡礼を続けることができます。彼はついにあきらめ、他の巡礼者候補たちに確固たる態度を示し、政府の決定を受け入れるように安心した。 一方、宗教省(Kemenag)のSragen Hanif Hanani事務局長は、毎年メッカ巡礼を登録しているSragenの居住者は3,000〜4,000人であると述べました。今年の中央命令の後で、スラーゲンからのほぼ1200人の巡礼者が遅れた。 したがって、登録者数の後、待機期間は24〜25年になります。ハニフ氏は、延期により、スラーゲン出身の巡礼者1,131人が今年キャンセルされると述べた。フェーズ1の返済の詳細では、1,131人がいました。レギュラーと予備の第2段階の返済は78人に達している間。 「1年以内の遅れは、インドネシアの巡礼者にとって非常に重要です。インドネシアには23万人がいるからです。会衆の待機リストの遅れが大きくなるように、と彼は言った。  

家主がコロナの間に影響を受けた企業にレンタル免除を提供するための法律が議会で導入される

2020年6月5日に、法務省による法案が議会で導入され、中小企業(SME)にレンタル救済フレームワークを提供するのに役立ちます。 最大4か月のレンタル免除を受ける対象となるSME Covid-19(暫定措置)(修正)法案が可決された場合、商業、工業、およびオフィスの不動産を借りるSMEテナントに対して、家主が規定の賃貸料免除を提供することが義務付けられます。 レンタル救済フレームワークは、シンガポールで約260,000の中小企業と200万人以上の従業員に影響を与えた、大ヒットした経済における企業の苦痛を緩和するのに役立ちます。 2020年5月26日にヘンスウィーキート副首相が発表したフォーティテュード予算によると、政府は、対象となる商業用不動産の約0.8か月分の家賃と、適格な工業用およびオフィス用不動産の0.64か月分の家賃に相当する追加の現金交付金を提供します。 レジリエンス予算で付与された固定資産税リベートを含め、政府は商業用不動産のSMEテナントに合計2か月、産業用およびオフィス用不動産のSMEに1か月の賃貸料を提供します。 これらの助成金とリベートが中小企業に提供されることを保証するために、起草された法案は、家主がテナントに免除を提供することを義務付けます。 法律は家主に追加の免除を提供するように命じます 法案は、政府の支援に加えて、家主が平均月収の大幅な減少を経験した中小企業に賃貸料免除を提供することを期待しています。 K Shanmugam法務相は記者団に対し、6月2日付けで記者団に対し、家主は離職率が少なくとも35%以上低下したテナントに賃貸料の軽減を提供する必要があると語った。 このカテゴリに該当する中小企業は、商業用不動産の場合はさらに2か月、産業用およびオフィス用の場合は1か月のレンタル免除を受けます。 合計で、商業用不動産を借りる適格なSMEは、基本レンタルの合計4か月の免除、および工業用不動産とオフィスプロパティの2か月の免除を受けることができます。 法務省はまた、現在のCovid-19の状況が原因で、リースまたはライセンスが終了した後、職場を離れることが困難に直面しているテナントに救済を提供する改正を導入しています。 テナントがリースの終了時から2020年10月19日までの間に非住宅物件を空にすることができない場合、テナントは家主に救済の通知を出すことができ、それまでは物件を空けないことに責任を負いません。彼らはそうするか、2020年10月19日のうちどちらか早い方でそうすることができます。 財政難に直面している家主は査定を求めるかもしれません 追加のレンタル権利放棄を提供することができない家主のために財政難を理由に査定を求めるかもしれません。 家主の賃貸収入が総収入のかなりの部分を占める場合、家主はより少ない権利放棄の対象となり、全額の代わりに追加の賃貸権利放棄の半分を与えます。 これは、商業用不動産の1か月分の追加の賃貸料の救済、および産業用およびオフィス用不動産の基本賃貸料の半月の免除に相当します。 不動産の年間価値も考慮されます。

シンガポール男、53歳、1日2回強姦娘の有罪判決を受け、近親相姦に変更されたレイプ容疑

53歳の男性が水曜日(6月3日)に強姦、痴漢、犯罪的脅迫、および娘への危害の罪で有罪判決を受けた。 CNAによれば、彼は娘が性的行為を開始し、同意したと主張した後、合計9件の告発で有罪となり、すべての告訴に対して裁判を請求した。 彼はまた、レイプ容疑が近親相姦のものに変えられることを望んだ。 男と彼の娘の両方は、ギャグ命令のために名前を付けることができません。 2016年に娘をナイフポイントでレイプ この事件は、2016年3月27日、娘が23歳のときに発生しました。 母親が息子と一緒に暮らしていたので、その時、彼女は父親と二人きりで暮らしていました。 眠りから目覚めた後、彼女は父親が裸で、ショーツの外側から彼女のプライベート部分に触れているのを発見しました。 それから父親は脅迫しながら首にポケットナイフを置きました。「叫ぶな、私はあなたを斬るよ」 その後、彼は娘を2回強姦した。 彼はまた、オーラルセックスをするように彼女に強要し、彼女を頭で殴り、絞め殺した、と今日報告した。 翌日逮捕 翌朝、娘はなんとか彼女の父親から電話を取り戻し、飲み物を買うふりをしてアパートを出ました。 彼女は彼女をジュロン警察の本部に連れてきた名前のない人を呼んだ。 彼女の父親はその日の午後8時までに逮捕された。 今日によると、娘がアパートを出たとき、彼女の父親は彼女に36回電話をかけ、8つのテキストメッセージと1つのWhatsAppメッセージを送信していました。 彼はテキストの一つでごめんなさいと言った。 PTSDと診断された娘 Health Sciences Authority(HSA)のアナリストは、父親のDNAが娘のショートパンツの精液と一致していることを発見しました。 娘はまた、心的健康研究所で心的外傷後ストレス障害(PTSD)とうつ症状を診断されました。

Recent Comments

Comments

comments

You cannot copy content of this page